会社設立の手続き

会社設立の手続きを行うときには、最低限必要な費用があります。収入印紙代や手数料、登録免許税などです。これらの費用に関しては会社設立の法人の種類に限らず必要な費用だと言えます。
日本で認められている会社設立の法人は、株式会社、合名会社、合資会社そして合同会社になります。一般的に会社設立は株式会社になります。

会社を設立するためには必要なものとして、会社名、事業目的、会社の所在地、資本金、資本金の出資者となる株主、事業年度の決定、会社の印鑑と印鑑証明書そして設立の費用が必要となります。最初にこれらの準備を行い会社設立の手続きを進めていきます。

これらの準備を行ったら、定款を作成することになります。定款は、会社の目的や事業内容など決められた項目を記載して作る会社の決まり事になります。定款が完成したら、会社設立登記を行います。会社設立登記は法務局に必要な書類を提出することになります。

この設立登記に必要な書類としては、資本金の払込証明書、発起人の決定書などがあります。法務局に会社設立登記の届く手を行い会社が設立されます。
しかし、会社の設立登記を行っても終了ではなく、さらに必要な起業のための届け出を行う必要があります。税務署や労働基準監督署、都道府県庁や市町村役場に必要な各種届け出を行い会社設立が完了します。

会社設立のメリット

会社設立をすることは、経営者にとってメリットがなければ意味のないものになります。会社設立をするメリットは、社会的信用度が高くなることで、法人組織を設立することの最大のメリットも社会的信用度といえます。

個人経営でビジネスを行うことも可能ですが、取引先または新規の取引先では、法人組織でなければ取引ができない企業も存在しています。ビジネスチャンスを生かすためにも、個人経営ではなく法人組織として会社設立させることが必要となります。

法人組織として会社設立をする場合には、より多くの利益を獲得するチャンスがあります。利益を多く獲得することは、当然納税する税金も増えることになります。
しかし、個人経由と異なり法人の場合には、経費として認められるものが増えることになります。個人経営の場合には認められていない個人経営の給与が、法人では役員報酬として認められるなど、経費として認められるものが増えることになります。そのため税金の節税対策として会社設立をすることにもメリットがあります。

また、個人事業と会社設立では、税金の種類が異なり所得税と法人税では税率も違っています。同じ利益を得ていても税率の違いにより法人税の方が税金を安くすることが可能なのです。これらのメリットがあるため会社設立が有利となります。

会社設立とビジネス

会社設立をするのであれば、何らかの目的がないと会社設立をすることは無意味になります。最近では、起業することが会社設立に直結することになり、昔のように個人経営から事業規模の拡大や納税の節税対策として会社設立を行うよりも多くなっています。

どちらの場合でも会社設立を行う場合には、事業規模を拡大させるまたは会社としてビジネスを行う目的として設立させることになります。しかし、会社設立を行うのは同時に納税の負担や労働者への対応についての法律により厳しくなります。
負担は増えることになりますが、会社設立を行うことで、よりビジネスを有利に進めることができます。このように、ビジネスを有利に進めるために会社設立を行う人が増えています。

会社設立が厳しかった昔に比べて最近は、容易に設立することができるため、手続きの執行を負担することができ、法律的に問題がなければ誰でも設立することが可能となっています。
最近では、インターネットによる情報収集が容易になるので、会社設立に関する手続きも個人で行う人が増えています。会社の業種や形態等が複雑でなければ、個人で会社設立の手続きを終了させることができ、よりビジネスを有利に進めることができます。

参照HP – アディーレ会計事務所
会社設立のサポートや税務顧問の紹介を行っている会計事務所のサイトです。

会社設立を決断

会社設立を行うことが、最近では簡単にできます。以前は法律により最低資本金の取り決めがあったため、簡単に会社設立を行うことができませんでしたが、最低資本金の引き下げにより1円以上の資本金で会社が設立できる時代となっています。そのため今では、起業することが会社設立を意味するほど、簡単に会社を立ち上げることができます。

会社設立に関してはいろんなメリットがあります。まず、法人として取引を行うことになります。会社設立の手続きに関しては、難しいと敬遠してしまう人もいますが、段階を踏んで手続きを行い必要なことを決めていけば、個人でも会社設立の手続きを行うことが可能になります。

会社の設立手続きに関しては、個人で行うのか、第三者に任せるのかは費用の関係があります。第三者に依頼する場合には、通常司法書士や会社設立の専門家に依頼することになり、費用が別に発生することになります。費用を節約したいと考えるなら、自分自身で手続きを行う必要があります。

会社設立を行うためには、その目的が必要となります。むやみやたらに会社設立を行うのは、デメリットになるからです。また、会社設立を行う場合には準備を行うことが大切です。
この起業準備では、ビジネスモデルを構築する必要があります。そして、このビジネスモデルの構築以上に重要なのが、資金繰りになります。常に経営者は資金繰りのことを念頭に考えて経営していかなければならないからです。会社設立を個人で行う場合について説明します。