会社設立のメリット

会社設立をすることは、経営者にとってメリットがなければ意味のないものになります。会社設立をするメリットは、社会的信用度が高くなることで、法人組織を設立することの最大のメリットも社会的信用度といえます。

個人経営でビジネスを行うことも可能ですが、取引先または新規の取引先では、法人組織でなければ取引ができない企業も存在しています。ビジネスチャンスを生かすためにも、個人経営ではなく法人組織として会社設立させることが必要となります。

法人組織として会社設立をする場合には、より多くの利益を獲得するチャンスがあります。利益を多く獲得することは、当然納税する税金も増えることになります。
しかし、個人経由と異なり法人の場合には、経費として認められるものが増えることになります。個人経営の場合には認められていない個人経営の給与が、法人では役員報酬として認められるなど、経費として認められるものが増えることになります。そのため税金の節税対策として会社設立をすることにもメリットがあります。

また、個人事業と会社設立では、税金の種類が異なり所得税と法人税では税率も違っています。同じ利益を得ていても税率の違いにより法人税の方が税金を安くすることが可能なのです。これらのメリットがあるため会社設立が有利となります。